現在の位置:ホーム>外国人技能実習制度

外国人技能実習制度

この度初となる国土交通省、技能向上等への日々の研鑽を積む外国人建設就労者を表彰する「優秀外国人建設就労者表彰」に弊社「ホアン ジン ホアン」の受賞が決まりました。
これは、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の関連施設整備等による一時的な建設需要の増大に対応するため、緊急かつ時限的措置として、平成27年4月に「外国人建設就労者受入事業」が開始された。その間、約3,000名の外国人建設就労者が我が国の建設現場で活躍しており、表彰制度を設け更なる技能向上を促すとともに我が国における建設活動に対するモチベーションの向上を狙うものです。

表彰日 2018年3月19日
受賞者 ホアン ジン ホアン(VINACONEX)


弊社は、平成12年より公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)が主管する 「外国人技能実習制度」への取り組みを始めました。
この制度は、滞在期間が3年と定められている中で先進国の技能移転をはかり、 開発途上国等の経済発展の担い手となる人材育成を目的とした制度です。
当初は、中国から技能実習生を受け入れ10年間で約30名の実習生を育成してまいりました。
平成22年6月には、ベトナム最大手の建設会社VINACONEX社の子会社である VIMECO社と業務提携を結び海外展開への足掛かりができました。
また、VIMECO社より日本の技術を学びたいという強い要望から平成23年8月より制度を活用し、 ベトナムから技能実習生を受け入れ現在は約10名が実習中です。
これまで現場に携わる方々のご理解とご協力のもと、延べ約50人あまりを受け入れ 既に30余名が実習を終え母国へ帰国し優秀な人材として活躍していると確信しております。
これからも実習制度を通じ、日本の技術・技能・精神を伝え国際社会に貢献してまいります。

平成22年6月 VIMECO社と業務提携サイン